FUYUNI WAKARETE / 冬にわかれて

Live

11月21日東中野

11月21日東中野ポレポレ坐 
人形師 山本由也 劇人形作品展 「Dragon」 コラボライブ
ゲスト:寺尾紗穂
■時間:18:30 open / 19:00 start (各日定員50名・要予約)
■予約:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)E-mail : event@polepoletimes.jp
*ご希望の日、お名前、ご連絡先をお書き下さい。
■ライブ料金:3,000円 フリーパス:10,000円

「かわせみ座」を立ち上げたのが1982年。創設以来、すべての人形を自ら作り、操演してきました。すでに150体ほどになります。
糸操りが中心になりますが、物語を作り、その展開に合わせた動きを想定し、構造から人形を作っていきます。
完成までには、構造体の検証から表面素材の選択まで、長い時間を要します。今回は、人形師として、
独創的な構造と操作法を持つ人形たちを、動かない状態で、造形物として見てもらいたいと企画しました。
ステージ上でご覧いただくのとは別の人形たちが見えてくるのではないでしょうか?
また、展示した人形の操作実演も計画中です。リュウ15体から18体を中心に約30点を展示します。
会期中には、多彩なゲストを招いて、人形とのコラボレーションライブを開催します。体力の限界に挑戦です。
ぜひ、足を運んでいただければと思います。 山本由也

■会期:2015年11月17日(火)〜12月6日(日) 11月30日(月)休
■営業時間:火曜〜土曜 11:30〜23:00 
      *11月22日(日)11月23日(月・祝)12月6日(日)11:30〜18:00 
      *コラボライブのある日は、ご覧頂けない時間がございます。

山本由也(人形師・かわせみ座主宰)
1975年糸あやつりの「竹田人形座」(東京都無形文化財)に入団。人形制作を竹田喜之助し、操演を竹田扇之助氏に師事。1982年独立して「かわせみ座」を創立。オリジナルの人形構造と操作法、「出遣い」というスタイルで、人形劇の枠組みを超えた、ユニークでナイーブな舞台芸術活動を続けています。演出・操演・舞台美術、人形美術・デザイン、設計、製作を手掛け、従来の人形にはない、表現力豊かな独自のシステムと操作方法を考案し続けて来ました。木彫が基本。ビジュアルや構造力学にそって、木・皮・布・プラスチック・金属など、あらゆる素材を使い分け、融合させて、イメージする人形を創作。今までに、リード奏者の森順治氏、栗コーダーカルテットの栗原正己氏、鍵盤ハーモニカの夏秋文彦氏、尺八奏者の土井啓輔氏、ロバの音楽座の松本雅隆氏に音楽を依頼してきました。過去に、俳優の熊倉一雄氏、岡田真澄氏、植本潤氏(花組芝居)、西川右近氏(西川流家元)と舞台で共演もしており、海外での公演も数多く手掛けて来ました。