FUYUNI WAKARETE / 冬にわかれて

News

冬にわかれて 2ndアルバムをリリース

「タンデム」ジャケット.jpgのサムネイル画像
寺尾紗穂、あだち麗三郎、伊賀航によるトリオバンド「冬にわかれて」が
4月14日アルバム「なんにもいらない」を発表する。

ゆれ、彷徨いながらも、あなたと私は希望へと手をのばす――。
寺尾紗穂、伊賀航、あだち麗三郎からなるバンド「冬にわかれて」。
高い評価を得た初作以来2年半ぶりとなる
待望のセカンド・アルバム『タンデム』が完成。
より紐帯を強めたアンサンブルと「個」のきらめきが、それぞれの道行きを照らし出す。

無二のシンガーソングライターとして研ぎ澄まされた歌世界を切り拓き続け、
昨年2020年にリリースしたオリジナル・アルバム『北へ向かう』、
わらべうた/守子歌カヴァー集『わたしの好きなわらべうた2』でも
高い評価を得たシンガーソングライター、寺尾紗穂。
細野晴臣や星野源を始め、数多くのミュージシャンから
絶対的信頼を置かれる稀代のベーシスト、伊賀航。
そして、自身名義での幅広い創作から、
片想いなど様々なバンド/プロジェクトで
その類まれなセンスを発揮している鬼才ドラマー/音楽家、あだち麗三郎。
これらのアーティストたちが才能を持ち寄り、
じっくりとバンド・サウンドを練り、奏でてきたのが「、冬にわかれて」だ。
2018年にリリースした初作『なんにもいらない』で聴かせた有機的配合から
更に大きな一歩を進め、まさに本バンドにとっての決定的作品というべき
セカンド・アルバム『タンデム』が完成した。
鮮やかな街の景色の中へ優しさが溶け込んでいくグルーヴ・ポップ「揺れる」、
どこかシュルレアリスティックなリリックが印象的なワルツ「高度200m」、
そぼ降る雨の風景と心の揺らぎを見事に音像化する「もうすぐ雨は」、
軽やかな歌がそれぞれの決心を後押しする「彷徨い」......。
寺尾紗穂が持ち寄ったこれら楽曲が作品全体を柔らかに包み込みながら、
伊賀、あだちによるソングライティング面での貢献度が上昇したのも、本作の特長だろう。
抑制的なベース・プレイとシンセサイザーのフューチャリスティックな響きが
特有の浮遊感を醸す「rainsong」、
寂寥の中にさりげないダンディズムが燻るスロー「静かな夜明け」、
静謐なピアノ・アンビエント「tandem」が伊賀作。
あだちが寄せた、ブラジルはミナス産音楽へも通じるハーモニー感覚と
リズムが瑞々しい「山のミルトン」、
ガットギターの響きが寺尾のヴォーカルと絶妙なコンビネーションを
聴かせる「星の聖誕祭」とあわせて、
冬にわかれてというトライアングルが
今もっとも充実した相互的関係にあることを知らせてくれる。
おぼろげな行く末にゆらぎながら身を浸し、歩む私達。
しかし、この彷徨いゆえに、新たな希望がそっと肌に触れることもあるのかもしれない。
冬にわかれての三人は、それが儚いものであろうとも、
いや、儚いものだからこそ、音楽を奏でることをやめはしない。
これは、あなたと私が描き出す、道行きの音楽だ。

商品番号:
CD:KHGCD-001
LP: KHGLP-001

価格:
CD:定価:\2,800+税
LP:定価:¥3,500+税
発売日:2021年4月14日

※LPは完全限定生産。6月21日発売

収録曲(CD)
1. もうすぐ雨は
2. rain song
3. 揺れる
4. 静かな夜明け
5. tandem
6. 山のミルトン
7. 星の生誕祭
8. 高度200m
9. 彷徨い

base_logo_horizontal_black.pngのサムネイル画像のサムネイル画像